身近な一歩

前項で示したように、婚活とは結婚のために積極的行う行動のことで、一つには絞り切れません。また最初の一歩は自らが行動するものであり、何でもいいのでとにかく一歩を踏み出さないことには何も起こらないのです。最も身近な婚活の一歩は、紹介でしょう。

知人や友人に人を紹介してくれるように頼むのです。確かにお見合いのように適齢期であれば、相手から話が舞い込んできたりするものですが、それはあくまでタイミングであり、必ず来るものだとは限りません。例えばそのときに自分が良い条件を持っていたとしても、紹介してくれと頼んでくる人が丁度いなかったら話はきません。また人に対し特別に優れているポイントがないと紹介しようとする人の印象に残っておらず、なかなか紹介の対象に選ばれません。

この優れたポイントというのは、ただ顔が良いというだけではありません。顔やスタイルでいえばミス〇〇に選ばれたことがあるという風なまさに特別なもので、あとは紹介する人の印象によるものになるため、人により違ってきます。これはかなり不確実なため、偶然の産物に過ぎません。ですが自分から人に頼んだ場合は、「頼まれた」という印象がつきます。スペックに対する個人差の印象より、頼まれているのですから印象は残っており、確率は上がるのです。